ピアノを弾かずに基礎練習

おすすめ!ピアノを弾かずに基礎練習

野球、テニス、ギターなど、どんなものにも、基本となる「フォーム」があります。ピアノについても、もれなく演奏する際の正しいフォームがあります。このフォームを体得する事が上達への早道にもなりますので、その「正しいフォーム」を身につけましょう。

 

 

■演奏時の基本フォーム

 

指を軽く丸めボールを軽く握るように構えます。この時、ひじの高さは、鍵盤と同じ位になるように注意して下さい。構えた時に、お腹の少し前くらいが理想的です。このポジジョンにならない時は、椅子の高さが合っていないので、調節してください。そして、背筋を伸ばします。肩に力を入れすぎないようにリラックスしてください。

 

 

■鍵盤に触らない基礎練習方法

 

大事な指の基礎固め。鍵盤には触らずに出来る基礎練習なので、家事の合間や、テレビを見ながらでも、やってみてください。

 

まず、左右の各指を前後左右、バラバラに動かします。曲げたり、伸ばしたり、早く動かしたり、遅くしたりします。地味ですが、これは、指の関節を柔らかくするのに、とても有効的な方法です。

 

そして、握力をつけるのも大切な基礎練習です。市販の握力用の器具があれば、それを利用します。なければ、カラーボール、テニスボールなどでも結構ですので、グニュグニュ…と握ってみましょう。

 

たったこれだけ。毎日ちょっと続けるだけでも、すぐに効果が出てきます。ピアノを弾く際に指の動きに違いが出るはずです。是非試してみてください。

おすすめ教材

ピアノ 基礎練習,ピアノ,基礎練習